黒髪の女の人

スメルハラスメントと言われる前に加齢臭の対策方法を考える

若々しく健康な肌にする

微笑む中年女性

潤いやハリが必要

アンチエイジングの化粧品には、潤いやハリが必要になります。年齢を重ねていくうちに、体内では活性酸素という老化の元になる物質が発生します。活性酸素が体内で増えると、細胞や血液が酸化し始め体の様々な機能に影響を与えます。特に肌への影響は大きく、肌の内部に存在する保湿成分が失われて乾燥しやすく、肌の機能が衰えるとたるみやシワにもつながります。そこで、アンチエイジングには、保湿成分が多く含まれる化粧品を使う必要があります。高い保湿効果が含まれる成分には、セラミドやコラーゲン、プラセンタやヒアルロン酸などがあります。これらの保湿効果が高い成分の配合量が多い化粧品を優先的に選ぶことで、アンチエイジングになります。

有効成分の浸透力を上げる

化粧品を使ってアンチエイジングをする時は、保湿効果の高い成分にこだわることも大切ですが肌への有効成分の浸透力を上げることも大切です。化粧の汚れや皮脂などをしっかりと除去するために、クレンジングをしっかりと行うことが大切です。クレンジングを行う前に、一度ホットタオルで顔全体を温めてからクレンジングするようにすると、汚れが落ちやすくなります。出来るだけしっかりと汚れを落としてから肌に浸透させるようにすると、浸透力が上がり有効成分を効率よく肌に馴染ませることが出来るようになります。アンチエイジングのための化粧品を選ぶ際には、保湿成分だけでなくクレンジングも、汚れを落としやすいものを選ぶようにします。